[2]: インストール後の初期設定

03) システムの最新化

CentOS 8でも基本的にはFedora 22で採用された、パッケージ管理ツールの[dnf] (Dandified YUM)が標準になっているので、当然RHEL8でも標準になっています。しかしながら、[yum]コマンドも[dnf]コマンドへのリンクとして設定されているので、[yum]コマンドも利用出来ます。
今回は、参考にさせていただいている「Server World」も採用している、[dnf]を利用して、システム更新を行います。

まずは、RHEL8における、[dnf]コマンドと[yum]コマンドの関係性を調べます。

[root@localhost ~]# which yum ※ yumコマンドの場所を探します。
/usr/bin/yum


[root@localhost ~]# ll /usr/bin/yum ※yumコマンドのリンク先を探します。
lrwxrwxrwx. 1 root root 5 7月 29 2020 /usr/bin/yum -> dnf-3

[root@localhost ~]# which dnf ※dnfコマンドの場所を探します。
/usr/bin/dnf

[root@localhost ~]# ll /usr/bin/dnf ※dnfコマンドのリンク先を探します。
lrwxrwxrwx. 1 root root 5 7月 29 2020 /usr/bin/dnf -> dnf-3

[root@localhost ~]# rpm -qa yum ※インストールされているyumのパッケージを調べる.
yum-4.2.23-4.el8.noarch

[root@localhost ~]# rpm -ql yum ※インストールされているyumのパッケージ詳細を調べる
/etc/dnf/protected.d/yum.conf
/etc/yum.conf
/etc/yum/pluginconf.d
/etc/yum/protected.d
/etc/yum/vars
/usr/bin/yum
/usr/share/man/man1/yum-aliases.1.gz
/usr/share/man/man5/yum.conf.5.gz
/usr/share/man/man8/yum-shell.8.gz
/usr/share/man/man8/yum.8.gz

[root@localhost ~]# ll /etc/yum.conf ※インストールされているyumのパッケージ詳細を調べる
lrwxrwxrwx. 1 root root 12 7月 29 2020 /etc/yum.conf -> dnf/dnf.conf

[root@localhost ~]# ll /etc/yum/vars  ※インストールされているyumのパッケージ詳細を調べる
rwxrwxrwx. 1 root root 11 7月 29 2020 /etc/yum/vars -> ../dnf/vars

それでは、システムのアップデートを実行します。

[root@localhost ~]# dnf -y upgrade 
Updating Subscription Management repositories.
メタデータの期限切れの最終確認: 0:15:17 時間前の 20XX年04XXX日 04時01分06秒 に実施しました。
依存関係が解決しました。
パッケージ Arch バージョン リポジトリー サイズインストール:
kernel x86_64 4.18.0-240.15.1.el8_3 rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms 4.3 M
・・・・
     ※ 途中300以上のパッケージがインストールされたので省略します。
・・・・

インストール済み:
grub2-tools-efi-1:2.02-90.el8_3.1.x86_64
kernel-4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64
kernel-core-4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64
kernel-devel-4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64
kernel-modules-4.18.0-240.15.1.el8_3.x86_64

完了しました!

[root@localhost ~]#

次に、yum-cronと同じように、autoでアップデート出来るアプリをインストールします。
dnfの場合のインストールするパッケージはdnf-automaticになります。

[root@localhost ~]#dnf install dnf-automatics

dnf-automatic-4.2.23-4.el8.noarch
インストール済み:
完了しました!

[root@localhost ~]#

インストールが完了したら、設定ファイルの編集をします。

[root@localhost ~] # vi /etc/dnf/automatic.conf

[commands]
# What kind of upgrade to perform:
# default = all available upgrades
# security = only the security upgrades
upgrade_type = default
random_sleep = 0

# To just receive updates use dnf-automatic-notifyonly.timer
# Whether updates should be downloaded when they are available, by
# dnf-automatic.timer. notifyonly.timer, download.timer and
# install.timer override this setting.
download_updates = yes

# Whether updates should be applied when they are available, by
# dnf-automatic.timer. notifyonly.timer, download.timer and
# install.timer override this setting.
apply_updates = no ※この行を下記のように変更する。

apply_updates = yes

設定ファイルの更新が完了したら、自動起動の設定をします。

[root@localhost ~]# systemctl start dnf-automatic.timer
[root@localhost ~]# systemctl enable dnf-automatic.timer
Created symlink /etc/systemd/system/timers.target.wants/dnf-automatic.timer → /usr/lib/systemd/system/dnf-automatic.timer.

[root@localhost ~]#

最後に開発用のパッケージ群インストールします。

[root@localhost ~]# dnf -y groupinstall base “Development tools”
Updating Subscription Management repositories.
Last metadata expiration check: 1:41:45 ago on Fri XX XXX 2021 06:14:00 AM JST.
Dependencies resolved.
=====================================================================================
Package Arch Version Repository Size
=====================================================================================
Installing group/module packages:
asciidoc noarch 8.6.10-0.5.20180627gitf7c2274.el8 rhel-8-for-x86_64-appstream-rpms 216 k
………. ※ 多数のパッケージがインストールされます。

zstd-1.4.4-1.el8.x86_64
Complete!

[root@localhost ~] #

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする