スポンサーリンク

(1)Lan Desgin-(d)RTX1210でのIPv6 IPoE接続について

現在契約しているインターネットサービスプロバイダのInterlinkでは、ZOOT NATIVEと言う名称でのIPv6 IPoE接続サービスを提供している。さらに、有償ではあるが、IPv4の固定IPを平行して提供してくれる。
ちょっと注意が必要なのだが、動的IPv4アドレスでの「ZOOT NATIVE」と固定IPv4アドレスでの「ZOOT NATIVE IPv4固定IP1個」では、固定IPだけでなく、プロトコルがDS-LiteからGeneric Packet Tunneling in IPv6 Specificationに変更になるため、利用可能ポート数が1,024から65,535ポートと64倍に増えるため、一般的なインターネットの使用では、おそらくほぼ制限の無い環境が構築される。
また、本末転倒であるが、YamahaRTX1210 は同時接続が可能なため、以前から契約しているIPv4 PPPoE固定IP接続サービスも引き続き契約しているが、ドメインの移行が完了し次第、IPv6 IPoE接続サービスのみに変更する予定である。
さて、プロバイダによって多少異なるとは思うが、基本的にルーター自体がIPv4 over IPv6技術(IPIP方式)対応ルーターでないとだめなのはもちろんであり、Interlink では
ZOOT NATIVE IPv4固定IP1個」対応のルーターはかなり機種が限られる。2021年3月現在ではELECOMが10機種、Yamaha が4機種、NEC が2機種、Allied Telesisが2機種、CENTURY SYSTEMSが1機種のみとなっている。なお、動的IPv4アドレスでの「ZOOT NATIVE」 で提供するIPv6 IPoE接続は、「DS-Lite」方式の場合は、それなりの機種が対応している。
さらに、これはプロバイダによらないと思われるが、フレッツ光回線【フレッツ光ネクスト、フレッツ光ライト】の契約が済んでいることと、フレッツ光回線の「お客さまID」と「アクセスキー」が必要なこと。特にフレッツ光回線の「お客さまID」と「アクセスキー」は不明な場合にはNTTに連絡して、再発行を依頼するのだが、これが郵送のみで日数がかかるので注意が必要。

(1)Lan Desgin-(c)RTX1210について

選定したYamahaのRTX1210には今まで使っていたNECのAterm WG2600HPと比較して、便利な機能がかなり多い。値段も 10,000円程度と100,000円程度と10倍近い差があるので、当然だが、ネットワーク機器をYamaha で統一すると、統合管理が可能な点がとても大きい。また有償ではあるが、「Yamaha Network Organizer(YNO)」を利用すれば、イ...

記事を読む

(1)Lan Desgin-(b)ルーター選定理由

そもそも、今回はYamahaありきなので、ルーター選択となるとNTT東日本と電話回線契約をしているので、VoIP不要となるとRTX1210か、RTX830しかありません。実際接続する端末台数が50台程度であれば、RTX830で機能的には問題無いのですが、ここで大きな問題があります。 それは、先日も記載しましたが、既存のPanasonic製家庭用端子盤がスイッチングハブ機能(8ポー...

記事を読む

(1)Lan Desgin-(a)結論から

5年ほど前に旧Lanを構築したが、今回全面的に見直した結果のまとめ。先に、今回更新したLanの結果を下記図に。マップをクリックすると、きちんとしたマップが見れます。 そもそもの目的は、Yamahaのネットワーク機器に統一すると端末まで、管理できること。これは、かなり大きいです。その端末がどこに繋がっているのか、Wi-Fi含めて、それはつなげて良い端末なのかも管理できます。今は、端末...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

04) root宛てメールの転送 この段階では、メールサーバーを構築していないため、システムからroot宛てに自動送信されるメールを外部のメールアドレスに転送する。なお、外部からのOP25Bを対策している場合(対策しているインターネットプロバイダ状況)には、別途設定が必要になる。詳細については、後日記載するが、CentOS 7の「CentOSで自宅サーバー<構築OP25B(Outbound...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

03) システムの最新化 CentOS 8でも基本的にはFedora 22で採用された、パッケージ管理ツールの (Dandified YUM)が標準になっているので、当然RHEL8でも標準になっています。しかしながら、コマンドもコマンドへのリンクとして設定されているので、コマンドも利用出来ます。今回は、参考にさせていただいている「Server World」も採用している、を利用して、システ...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

02) ユーザー管理  a) 一般ユーザーを作成する場合  ユーザーの追加はroot(またはroot権限を利用するsudo)で行います。 # useradd testuser ※一般ユーザー「testuser」を作成 # passwd testuser  ※一般ユーザー「testuser」のパスワードを設定 ユーザー testuser のパスワードを変更。 新しいパスワード: 新しい...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

01) RedHat Enterprise Linux 8の登録 インストールが完了したら、インストールしたRedHat Enterprise Linux 8を「Red Hat サブスクリプション管理」に登録します。インストールしたRedHat Enterprise Linux 8 にログイン後、 端末アプリケーションを起動します。端末から下記コマンドを実行します。 $ sudo ...

記事を読む

[1]: RHEL インストール

03) Red Hat Linux Enterprise 8.3のインストール VMwarePlayerを起動します。 左のメニューから、先ほど設定した「Red Hat Enterprise Linux 8 (64ビット)をマウスでクリックして、右メニューの「仮想マシンを開く(O)」をクリックします。 仮想マシンが立ち上がり、インストールメディアを読み込んでイ...

記事を読む

[1]: RHEL インストール

02) VMwareのRHEL用仮想マシーンの構築 VMware Playerを起動します。 起動したら、「新規仮想マシンの作成(N)」をマウスでクリックします。 画面が変わったら、インストール元を選択します物理的なドライブも選べますが、メディアが勿体ないので、ISOの仮想イメージを選択して、をクリックします。 アカウント情報を登録します。フルネ...

記事を読む