main pc renewal (2)

実際に置き換えたのは去年の秋だということを先に・・・。さて、そんなに予算がある訳ではないので、まずはCPUから決めていきました。当時すでにAMD Ryzenの第四世代が年末に発売されるとは分かっていたのですが、SonyPlaystation5 じゃないですけど、おそらく先物取引状態になるのは分かっていたので、第四世代が使えるマザーボードに第三世代のCPUと言う、安直な組み合わせ。そうなると、どうせ置き換えるけど、そこそこのパフォーマンスがあるRyzenとなって、価格的に一番熟れているRyzen 7 3700xかなと。Amazon3950x(+16GB DDR4 DIMMで38,000円)事件が事前に分かっているなら、当然3950ですが、あれは入手できた人がラッキーと言うか、ネット調査力すげーなと。しかし、Amazonの凄いところは、絶対にヒューマンエラーなのに、認めずにきちんと発送して商いとして成立させたことだよなー・・・・。

ところで余談だけど、全くIntel が選択肢に入らなかった。これはねAthron 64&Opteron以来の大きな出来事で、改めて時代の流れを感じましたな。しかし、AMD は相変わらず、チャンスを作りながら、出荷数が全く足りない病は全く治す気がないね。

昔から自作をしている人はK6やらK7やら、騙されっぱなしなので、慣れているんだろうけど、企業としてはどうなんだろ?毎回毎回「真の・・・」を言うのが目的なんじゃないか?と。それもで第二世代のRyzen 7 2700xは、コストパフォーマンスが高くて、満足行く製品だったので、今回も自信を持って、Ryzen 7 3700xでいくぜー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする