home server renewal (4)

マザーボードが決まったので、次はCPU。結果はそこそこ良好だったのだが、購入時の情報が少なかったので、選択に迷いました。

結果だけ言うと、選んだのはRyzen 5 3400G。ただ、これを選択するにあたり、B550 Chipsetが、 Ryzen 5 3400G をサポートしていない!と、AMD のサイトに記載されており、Ryzen 5 3600と、PCIeのグラフィックカードを購入するのが、本来の姿。しかし、グラフィカルな画面を使わないサーバー運用なのに、グラフィックカードを購入するのも、7,000円近い出費が加算されてしまい、勿体ないお化けがでてきそう・・・

であれば、一か八かでRyzen 5 3400Gを購入して、上手くいかなければ、即下取りして、諦めて Ryzen 5 3600と、PCIeのグラフィックカード を購入すると言うチャレンジに賭けてみた!!

チャレンジ結果は、パーツ組み立て後に電源を入れるとエラー音が鳴り、起動しない雰囲気が・・・・。しかし、このエラー音はマザーボードのHDMIを含む画面出力からの画面が無いよー!と言うエラー音であり、きちんとHDMI出力にモニターを繋げば、エラーは無く通常に起動!実際は通常に起動ではなく、後ほどのサーバー構築後にエラーが出るのですが、致命的なエラーでは無いため、チャレンジ?ギャンブルは成功となっています。

DIMMは前回のサーバーが16GBだったので、今回は倍増の32GBとして、F4-3600C19D-16GSXWBを2枚。余談だけど、 asusRog Strix B550-I gaming はDIMMスロットが二つしかないので、今考えると32GB x 2でも良かったかなぁ・・・とちょっと後悔。実際の運用では、全く問題が出てないので運用上の問題は無いのだが、サーバーを置き換える頃にはDDR5になって、現状のDDR4の32GBが販売されていないだろうから、現状の差額が1万円ちょいなら、当初から64GBを搭載するのも有りやね。

後はSSDは今まで運用していた NUC5i5RYH と余っているSSDを二つ転用。キーボード・マウスも NUC5i5RYH から転用して、更新サーバーのハードウェアとしては、一旦?完成。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする