[2]: インストール後の初期設定-04

04) VMware上でCentOSを利用している 場合のネットワーク設定

最初にWindows 10 のネットワークアダプターの状態を確認します。コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を開きます。

次に、左のメニューから「アダプタ設定の変更」をクリックします。

VMware をWindows10にインストールすると、上手のように、「VMware Network Adapter VMnet1」と「VMware Network Adapter VMnet8」 というネットワークアダプターが2種類追加されます。『VMnet1とVMnet8の整理』に記載されているとおり、外部のネットワークに接続するのに利用するネットワークアダプターは「VMware Network Adapter VMnet8」 になります。
VMware をインストールしたままの状態だと、どちらのネットワークアダプターもIPv4の設定はDHCPが有効になっています。

Windows10の「スタートメニュー」→「Windows システム ツール」→「コマンド プロンプト」をクリックして、コマンドプロンプト内で「ipconfig /all」と入力します。

C:\Users\write>ipconfig /all
Windows IP 構成
ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: RYZEN3700X
プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター イーサネット:
   <<省略>>

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet1:
接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet1
物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-50-56-C0-00-01
DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::60dd:48f5:3a75:3d1e%5(優先)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.1(優先)
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 3:38:48
リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 4:38:48
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:
DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.254
DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 553668694
DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-26-AC-31-2D-D4-5D-64-44-80-2A
DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1
NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet8:
接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet8
物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-50-56-C0-00-08
DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::cc2:3947:d2ee:9620%8(優先)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.74.1(優先)
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 3:38:48
リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 4:38:48
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:
DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.74.254
DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 570445910
DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-26-AC-31-2D-D4-5D-64-44-80-2A
DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1
プライマリ WINS サーバー. . . . . . .: 192.168.74.2
NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

イーサネット アダプター Bluetooth ネットワーク接続:
   <<省略>>

C:\Users\write>

と、それぞれ、仮想マシーン(以下ゲストOS)用にVMware を実行しているPC(以下ホストOS)に作成された「VMware Network Adapter VMnet1」と「VMware Network Adapter VMnet8」 に仮想的なDHCPサーバーからIPアドレスが割り振られています。実際にサーバーを構築していくには、ここを固定IPv4アドレスに変更した方が楽なのですが、サーバー設定などをゲストOSで実行したりしない場合は、このままゲストOS(CentOS )のネットワーク設定もDHCPにしておいた方が楽です。

実はVMware のIPのNat設定変更するのは結構大変です。
VMware DHCPサービスで割り当てられるアドレスを固定する
VMnet1、VMnet8のネットワークアドレス変更メモ
VMware Player上のLinux (NAT + 固定IPアドレス)
あたりが参考になりますが、この変更については機会があれば。とりあえず、ホストOSを実行しているPCはデスクトップPCで、ゲストOSを運用しているときには必ずホストOSがネットワークに接続されているので、一番簡単なVMware の仮想マシーンのネットワークをブリッジ接続に変更します。ホストOSが停止した状態で、対象となるゲストOSが選択された状態で、下図一番下にある「仮想マシン設定の編集」をマウスでクリックします。

「ネットワークアダプター」の「ネットワーク接続」がインストール時に設定した「●NAT:ホストのIPアドレスを共有して使用(N)」になっています。

上図設定を下図のように「●ブリッジ:物理ネットワークに直接接続(B)」にマウスで変更します。「□物理ネットワーク接続の状態を複製(P)」のチェックマークは空欄のままで良いです。

次に、「アダプタの設定」をマウスでクリックします。

ホストOSで利用している物理的なネットワークアダプターが表示されます。今回はBluetoothはゲストOSで利用する予定が無いので、「■Intel(R) I211 Gigabit Network Connection」はチェックボックスをオンに、「□Bluetooth Device (personal Area Network」はチェックボックスをオフにします。[OK]をマウスでクリックして、「仮想マシンの設定」に戻り、一番下の[OK]をマウスでクリックします。

ホストOSのネットワークアダプターのうち、ブリッジ接続されるアダプターを
コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を開きます。

次に、左のメニューから「アダプタ設定の変更」をクリックします。

ここで、物理的なイーサーネットの「Intel(R) I211 Gigabit Network Connection」をマウスで右クリックして、表示されるメニューの一番下にある「プロパティ(R)」をマウスでクリックします。

表示される「イーサネットのプロパティ」ダイアログボックスの「■VMware Bridge Protocol」にチェックマークが入っていることを確認します。確認しおわったら、VMware 上で、ホストOS(
CentOS )を起動します。起動後、作成済みの一般ユーザー(例:sys_admin)でログインします。

ログイン出来たら、ネットワークにつながっているかを確認します。ネットワークの状態を確認するために[ip a]をキーボード入力します。

[sys_admin@test_server ~]$ ip a
1: lo: mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens33: mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP group default qlen 1000
link/ether XX:XX:XX:XX:XX:XX brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.1.161/24 brd 192.168.1.255 scope global noprefixroute dynamic ens33
valid_lft 83346sec preferred_lft 83346sec
inet6 2405:6581:9460:4a00:961d:6576:7d97:d7f6/64 scope global noprefixroute dynamic
valid_lft 14196sec preferred_lft 12396sec
inet6 fe80::65ae:dee:18a7:c4e1/64 scope link noprefixroute
valid_lft forever preferred_lft forever
[sys_admin@test_server ~]$

ブリッジ接続で、ホストOSと同じLANセグメントに移行して、物理的なDHCPサーバーから192.168.1.161/24をアドレスとして付与されていることがわかります。

念のため、DNS(DHCPにより自動設定)の確認を含めて、「google.com」 にpingを打ってみます。

[sys_admin@test_server ~]$ ping google.com
PING google.com (172.217.24.142) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt20s01-in-f14.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=1 ttl=115 time=10.2 ms
64 bytes from nrt20s01-in-f14.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=2 ttl=115 time=5.18 ms
64 bytes from nrt20s01-in-f14.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=3 ttl=115 time=5.53 ms
64 bytes from nrt20s01-in-f14.1e100.net (172.217.24.142): icmp_seq=4 ttl=115 time=5.47 ms
[sys_admin@test_server ~]$

確認されました。

ちなみに、VMware のNat設定は弄ってないので、Windows 10 上のコマンドプロンプトで[ipconfig /all]をキーボード入力してみると、下記のように、VMwareの仮想マシンのネットワーク設定を変えても、変わっていないことがわかります。

C:\Users\write>ipconfig /all
Windows IP 構成
ホスト名. . . . . . . . . . . . . . .: RYZEN3700X
プライマリ DNS サフィックス . . . . .:
ノード タイプ . . . . . . . . . . . .: ハイブリッド
IP ルーティング有効 . . . . . . . . .: いいえ
WINS プロキシ有効 . . . . . . . . . .: いいえ

イーサネット アダプター イーサネット:
   <<省略>>

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet1:
接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet1
物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-50-56-C0-00-01
DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::60dd:48f5:3a75:3d1e%5(優先)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.1(優先)
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 3:38:48
リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 4:38:48
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:
DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.254
DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 553668694
DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-26-AC-31-2D-D4-5D-64-44-80-2A
DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1
NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet8:
接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
説明. . . . . . . . . . . . . . . . .: VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet8
物理アドレス. . . . . . . . . . . . .: 00-50-56-C0-00-08
DHCP 有効 . . . . . . . . . . . . . .: はい
自動構成有効. . . . . . . . . . . . .: はい
リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::cc2:3947:d2ee:9620%8(優先)
IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.74.1(優先)
サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
リース取得. . . . . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 3:38:48
リースの有効期限. . . . . . . . . . .: 2021年3月8日 4:38:48
デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:
DHCP サーバー . . . . . . . . . . . .: 192.168.74.254
DHCPv6 IAID . . . . . . . . . . . . .: 570445910
DHCPv6 クライアント DUID. . . . . . .: 00-01-00-01-26-AC-31-2D-D4-5D-64-44-80-2A
DNS サーバー. . . . . . . . . . . . .: fec0:0:0:ffff::1%1
fec0:0:0:ffff::2%1
fec0:0:0:ffff::3%1
プライマリ WINS サーバー. . . . . . .: 192.168.74.2
NetBIOS over TCP/IP . . . . . . . . .: 有効

イーサネット アダプター Bluetooth ネットワーク接続:
   <<省略>>

C:\Users\write>

ここでやっと、ゲストOS(CentOS )に固定IPアドレス設定をするために、ゲストOS上でネットワーク設定をします。CentOS に一般ユーザーログインしたまま、下記コマンドを入力します。
分かりやすいのでグラフィカルな設定画面を表示させます。

[sys_admin@test_server ~]$ sudo nmtui
[sudo] password for sys_admin: **********

画面が下記に切り替わります。

キーボードのカーソルを利用して、[Edit a connection]を選択してキーボードの[リターン]を押します。

VMware上で作成されているネットワークアダプターの「ens33」が赤色反転さているので、このまま、キーボードのカーソルを利用して、右側の「<Edit . . . >」に移動して、[リターン]を押します。

画面が上図に切り替わります。ここで、「IPv4 CONFIGURATION」が「<Automatic>」になっているので、キーボードのカーソルを利用して、右側の「<Show >」に移動して、[リターン]を押します。

画面が上図に切り替わります。ここで、「IPv4 CONFIGURATION」が「<Automatic>」になっているので、キーボードのカーソルを利用して、「<Automatic>」 で[リターン]を押し、「<Manual>」を選択し、さらに[リターン]を押します。

その後、上手は参考例ですが、家のルーターが192.168.1.253でGetewayとDNSサーバー機能を持っている場合の設定です。VMware のホストOSアドレスを192.168.1.241/24に設定しています。DNS二つ目のアドレスは「google.com」 の公開DNSサーバーアドレスです。全部設定しおわったら、
キーボードのカーソルを利用して、[OK]に移動して[リターン]を押します。先ほどの画面に戻ります。

次にホスト名の設定をします。上図のように「Set system hostname」にキーボードのカーソルを利用して、[リターン]を押します。

上図のように任意な名前、今回は「test_server.freebear.org」を設定し、キーボードのカーソルを利用して、[OK]に移動して[リターン]を押します。

画面が元に戻るので、キーボードのカーソルを利用して、[OK]に移動して[リターン]を押します。

上図に戻ったら、キーボードのカーソルを利用して、[Back]に移動して[リターン]を押します。

CentOS上のコンソールに戻るので、設定内容の確認をします。ちなみに「CentOS」 上で設定したネットワークアダプターの名称は「ens33」でした。

[sys_admin@test_server ~]$ sudo cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens33
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=none
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=ens33
UUID=2e2fc817-c674-4b0e-be89-0de77048d546
DEVICE=ens33
ONBOOT=no
IPV6_PRIVACY=no
IPADDR=192.168.1.241
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.1.253
DNS1=192.168.1.253
DNS2=8.8.8.8

ここで、上図の「ONBOOT=no」になっている場合は起動時にネットワークアダプターが有効にならないので、vi等を利用して「ONBOOT=yes」に変更します。

設定後、[sudo systemctl restart network ]とキーボードから入力して、ゲストOSの「[CentOS 」のネットワークを再起動します。

[sys_admin@test_server ~]$ sudo systemctl restart network
[sys_admin@test_server ~]$

ネットワークが再起動したので、再び、google.comにpingを打ってみます。

[sys_admin@test_server ~]$ sudo ping google.com
PING google.com (216.58.197.142) 56(84) bytes of data.
64 bytes from nrt12s01-in-f14.1e100.net (216.58.197.142): icmp_seq=1 ttl=115 time=9.62 ms
64 bytes from nrt12s01-in-f14.1e100.net (216.58.197.142): icmp_seq=2 ttl=115 time=5.28 ms
^Z
[2]+ 停止 ping google.com
[sys_admin@test_server ~]$

無事に繋がっているようなので、ネットワーク設定は終了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする