home server renewal (2)

Mini-ITXでサーバーを作成するとなると、最初のポイントは静音性重視となるとPCケースw?

そこで、まずはケースから選択しました。とりあえず秋葉原のドスパラまで行って、ネットで調べると あまり評判良くはないですが、 一番サイズが小さくて安かったので、選択。選んだのは、Cooler Master
MasterCase H100 MCM-H100-KANN-S00 (Mini-ITX) で、スペックはリンク先を参照。特徴は給気用に200mmのRGBファンが設けられていて、派手なのと、その給気用のフィルターを兼ねた、目の細かいフロントメッシュパネルでしょうか?これなら、給気側は外から掃除機で吸い込むと、ある程度の埃が取れそうで、メンテナンスが楽かなぁと・・・

ちなみに、200mmファンは回転数がそんなに早くないこともあり、静音性はそこそこ。購入時のk価格が6,000円程度と、コストパフォーマンスはそこそこです。内部ベイも3.5インチ(2.5インチ兼用)に2.5インチが兼用含めて4つと。ただし、拡張スロットは2つまでですが、サーバー用途なら、困ることはなさそう。

実際に運用してみた、RGB200mmファンのカラーリングはこんな感じ。結構派手でいいね。ただ、マザーボードからコネクタを取って、カラーコントロール出来るAura Syncでは無いので、これ以上の演色は出来ないね。てか、そもそもサーバーとして運用するPCケースにこれがいるのか?と言うね・・・。しかしながら、電源が入っているかどうかが一目で分かるのはありがたい。その程度でしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする