main pc renewal (4)

CPUとケース決めたら、当然マザーボード。「home server renewal (3)」でも書いた通り、自分ブームが asusなので、そこからチョイスで、条件は

● 第四世代Ryzen(5000番台以降)が使えるx570

● ケースの形状から見て分かる通り、オンボードWi-Fi不要

だけなんですが、これだけでも実はasus 指定すると2種類しかなくて、だったら上位のRog Strix X570-F Gaming(もう一つはTuf Gaming X570-Plus)しかなくなるね。まぁなんとなく派手だしw。あと両マザーモードをasus で比較すると、
Rog Strix X570-F Gamingには正式にRyzen 5000シリーズサポートと書いてあるんだけど、Tuf Gaming X570-PlusにはRyzen 第三世代サポートとしか書いてないんだよね。まぁx570なんで、特にどちらでも問題無いとは思うんだけど、更新Biosを配布するのに時差があるんではないかい?と勘ぐりしたくなるレベル。それ以外でもそこそこ差があって、金額差を考えると、Tuf Gaming X570-Plus を選ぶ理由はほとんど無いですな。

しかし、大事な盲点が・・・・

なんとRog Strix X570-F GamingはオンボードのLanがIntel® I211-AT・・・。一方のTuf Gaming X570-PlusRealtek® L8200A ・・・。そもそも2.5GLANはどちらも対応してますが、うちのスイッチが対応していないので、そこは重要では無いんだけど、今は評判的にRealtek® のが上なんで、実は結構なマイナスポイントですな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする