Hardware一覧

スポンサーリンク

(1)Lan Desgin-(d)RTX1210でのIPv6 IPoE接続について

現在契約しているインターネットサービスプロバイダのInterlinkでは、ZOOT NATIVEと言う名称でのIPv6 IPoE接続サービスを提供している。さらに、有償ではあるが、IPv4の固定IPを平行して提供してくれる。 ちょっと注意が必要なのだが、動的IPv4アドレスでの「ZOOT NATIVE」と固定IPv4アドレスでの「ZOOT NATIVE IPv4固定IP1個」では、固定I...

記事を読む

(1)Lan Desgin-(c)RTX1210について

選定したYamahaのRTX1210には今まで使っていたNECのAterm WG2600HPと比較して、便利な機能がかなり多い。値段も 10,000円程度と100,000円程度と10倍近い差があるので、当然だが、ネットワーク機器をYamaha で統一すると、統合管理が可能な点がとても大きい。また有償ではあるが、「Yamaha Network Organizer(YNO)」を利用すれば、イ...

記事を読む

(1)Lan Desgin-(b)ルーター選定理由

そもそも、今回はYamahaありきなので、ルーター選択となるとNTT東日本と電話回線契約をしているので、VoIP不要となるとRTX1210か、RTX830しかありません。実際接続する端末台数が50台程度であれば、RTX830で機能的には問題無いのですが、ここで大きな問題があります。 それは、先日も記載しましたが、既存のPanasonic製家庭用端子盤がスイッチングハブ機能(8ポー...

記事を読む

(1)Lan Desgin-(a)結論から

5年ほど前に旧Lanを構築したが、今回全面的に見直した結果のまとめ。先に、今回更新したLanの結果を下記図に。マップをクリックすると、きちんとしたマップが見れます。 そもそもの目的は、Yamahaのネットワーク機器に統一すると端末まで、管理できること。これは、かなり大きいです。その端末がどこに繋がっているのか、Wi-Fi含めて、それはつなげて良い端末なのかも管理できます。今は、端末...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定-04

04) VMware上でCentOSを利用している 場合のネットワーク設定 最初にWindows 10 のネットワークアダプターの状態を確認します。コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を開きます。 次に、左のメニューから「アダプタ設定の変更」をクリックします。 VMware をWindows10にインストールす...

記事を読む

[1]CentOS インストール -04

04) 仮想マシーンでのインストール(d) (Microsoft Windows 10 Hyper-V→VMware 16.0) ここまで、Hyper-Vで進めてきて、なんと致命的な欠陥が・・・・。事前に調べたHyper-Vと仮想マシーンをシームレスに接続して、いわゆる両方向でコピー&ペーストをして快適に操作できると思ったら、「Hyper-Vの拡張セッションモードが使えなくなっ...

記事を読む

[1]CentOS インストール -03

03) 仮想マシーンでのインストール(c) (Microsoft Windows 10 Hyper-V) 実はCentOS 7をインストールしたばっかりの時には仮想マシーンのローカルIPアドレスにはアクセス出来るのですが、物理的なネットワークに接続出来ないことが判明。そこでネットを調べると、やはり同じ問題の解決策が記載されていました。 インストール時に仮想スイッチマネー...

記事を読む

main pc renewal (15)

さてと、一応出来上がったので、動画で公開!!www.... ちょっと、散々お金かけておいて、モニターがしょぼいですが、ゲーミングモニターの使用頻度と、仕事及びグラフィック系の作業との力量を比較すると、圧倒的に大型4Kモニターで、色温度もそんなに考えないとなると、レグザの4Kの安いモニターになるんですわ。 別に困ってないしね。 しかも、公開している動画も、Premie...

記事を読む

main pc renewal (14)

さて、最終的に簡易水冷を目指します。ここで書いたように本来はケース性能から言うと、完全な水冷可能な選択をしましたが、いきなりはどうなの?と思って簡易水冷なんですけどね。それもあって、水冷キットを販売している会社のケースにしました。そう言いつつも、実はThermaltake の簡易水冷はそんなに種類も無くて、ましてAMD Ryzen のAM4となると当時は、『Floe Riing RG...

記事を読む

main pc renewal (13)

その他(1)ですが、旧メインPCから持ってくるのは、Flight Sim系用のTrustmasterのT.Flight Hotas 4 Flight Stick。これは主に、未だにやっているSteam のAce Combat 7 と、ある意味本来の目的のMicrosoft Flight Simulator。さすがに、計器などのフルオプションのLogicool製品は、10万を軽く超えるので...

記事を読む