スポンサーリンク

[2]: インストール後の初期設定

04) root宛てメールの転送

この段階では、メールサーバーを構築していないため、システムからroot宛てに自動送信されるメールを外部のメールアドレスに転送する。
なお、外部からのOP25Bを対策している場合(対策しているインターネットプロバイダ状況)には、別途設定が必要になる。
詳細については、後日記載するが、CentOS 7の「CentOSで自宅サーバー<構築OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策>」での方法と同様だと思われる。今回はOP25Bの影響を受けない、Gmailに転送設定する。

[root@localhost ~]# useradd mail_relay_user ※ root宛のメールを転送するユーザーをローカルに作成する

[root@localhost ~]# passwd mail_relay_user ※ root宛のメールを転送するユーザーのパスワード設定

[root@localhost ~]# vi /etc/aliases 
  ※ 原則下記「decode: root」でroot宛メールを外部に転送禁止になっているので、
   いったんroot宛のメールを転送するユーザーを上記で作成する。
#
# Aliases in this file will NOT be expanded in the header from
# Mail, but WILL be visible over networks or from /bin/mail.
….. 
   ※ 途中省略

# trap decode to catch security attacks
decode: root
# Person who should get root’s mail
# root: marc
↓ ※ この行のコメントを削除して、転送したいアドレスに変更する(例: sample_user@gmail.comの場合)
root: mail_relay_user   ※ 一旦、mail_relay_userに転送する
mail_relay_user : sample_user@gmail.com   ※ mail_relay_userからGmailに転送する

[root@localhost ~]#

root宛メールを転送したい人が複数いる場合には、下記のように設定します。

[root@localhost ~]# vi /etc/aliases 

# Aliases in this file will NOT be expanded in the header from
# Mail, but WILL be visible over networks or from /bin/mail.
….. 
   ※ 途中省略

# trap decode to catch security attacks
decode: root
# Person who should get root’s mail
# root: marc
↓ ※ アドレスを追加する(例: sample_user2@gmail.comの場合)
root: mail_relay_user, mail_relay_user2  ※ 複数いる場合はユーザー間を[,]で区切る
mail_relay_user : sample_user@gmail.com
mail_relay_user2: sample_user2@gmail.com   ※ mail_relay_user2からGmailに転送する

[root@localhost ~]#

基本転送専用のアカウントを作成しているので、問題ないと思うが、普段使うアカウントに、この設定だと、転送するローカルアカウント(mail_relay_userやmail_relay_user2)にメールが残らないので、残す場合には下記のように記載する。

[root@localhost ~]# vi /etc/aliases 

# Aliases in this file will NOT be expanded in the header from
# Mail, but WILL be visible over networks or from /bin/mail.
….. 
   ※ 途中省略

# Person who should get root’s mail
# root: marc
root: mail_relay_user, mail_relay_user2
mail_relay_user : \mail_relay_user, sample_user@gmail.com
mail_relay_user2: \mail_relay_user2, sample_user2@gmail.com

[root@localhost ~]#

設定ファイルを編集後、設定を反映してみる。

[root@localhost ~]# newaliases 
bash: newaliases: command not found…
Packages providing this file are:
‘sendmail’
‘postfix’

[root@localhost ~]

となり、sendmailかpostfixが無いと設定の更新ができないことが判明。今は、ここまでとする。
その他、参考になるroot宛メールの対処方法は「気付いたらrootメールが溢れてる」が参考になる。

[2]: インストール後の初期設定

03) システムの最新化 CentOS 8でも基本的にはFedora 22で採用された、パッケージ管理ツールの (Dandified YUM)が標準になっているので、当然RHEL8でも標準になっています。しかしながら、コマンドもコマンドへのリンクとして設定されているので、コマンドも利用出来ます。今回は、参考にさせていただいている「Server World」も採用している、を利用して、システ...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

02) ユーザー管理  a) 一般ユーザーを作成する場合  ユーザーの追加はroot(またはroot権限を利用するsudo)で行います。 # useradd testuser ※一般ユーザー「testuser」を作成 # passwd testuser  ※一般ユーザー「testuser」のパスワードを設定 ユーザー testuser のパスワードを変更。 新しいパスワード: 新しい...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定

01) RedHat Enterprise Linux 8の登録 インストールが完了したら、インストールしたRedHat Enterprise Linux 8を「Red Hat サブスクリプション管理」に登録します。インストールしたRedHat Enterprise Linux 8 にログイン後、 端末アプリケーションを起動します。端末から下記コマンドを実行します。 $ sudo ...

記事を読む

[1]: RHEL インストール

03) Red Hat Linux Enterprise 8.3のインストール VMwarePlayerを起動します。 左のメニューから、先ほど設定した「Red Hat Enterprise Linux 8 (64ビット)をマウスでクリックして、右メニューの「仮想マシンを開く(O)」をクリックします。 仮想マシンが立ち上がり、インストールメディアを読み込んでイ...

記事を読む

[1]: RHEL インストール

02) VMwareのRHEL用仮想マシーンの構築 VMware Playerを起動します。 起動したら、「新規仮想マシンの作成(N)」をマウスでクリックします。 画面が変わったら、インストール元を選択します物理的なドライブも選べますが、メディアが勿体ないので、ISOの仮想イメージを選択して、をクリックします。 アカウント情報を登録します。フルネ...

記事を読む

NO IMAGE

Favorite Music at Mini Club(1)

たまには余談でw 金曜の夜というか土曜日のAM1:00にかける曲を元DJなりに選んでみました。毎回10曲限定の備忘録です。 01) Norah Jones - Don't Know Why 名曲 ですな。スタートには良いと思います。ちょっとお酒を置いて、自販機にお茶を買いに行く感じで流れている曲ですよ。 02) Peter Bjorn And John - ...

記事を読む

[1]: RHEL インストール

01)RHELの入手方法<Red Hatアカウント取得からダウンロードまで> さて、まずはRHEL(Red Hat Enterprise Linux)の入手方法。とりあえずはRed Hat のサイト『』にアクセス。 ※ 記事記載時web画面です。以下も含めて日々デザイン等変更されます Red Hat のアカウントを持っている場合でも持ってない場合でも画面右上の「ログイン」をマ...

記事を読む

RHEL導入検討

すでに話題になって相当経ちますが、現在サーバーで運用している CentOS (このwebサーバーは7、現状リリースは8)が、IBMのRed Hat 買収によるものなのかは分かりませんが、今後のサポートが今までとは違い、先行き不透明になりました。 CentOS 7 については当初の予定通り2024年6月30日だが、それよりも後発リリースのCentOS 8はなんと2021年12月31日で...

記事を読む

[2]: インストール後の初期設定-06

06)開発用ツール他のインストール 上記をインストールします。今回の記事は短くてすみそー $ sudo yum -y groupinstall base "Development tools" sys_admin のパスワード:********* $ 以上で開発用パッケージはインストールされます。gccとかgccとかw

記事を読む