RHEL系の/etc/resolv.conf自動作成停止について

CentOS7しかりだが、意外なところでハマるねぇ。インストール時に指定した、ルーターにお願いしていたName Serverを何度やっても、動的に書き換えて、せっかく作ったDNSサーバーに変更してくれない件・・・nameserverを/etc/resolv.confに127.0.0.1に設定しても、なぜかインストール時に利用した、Gateway上のNameserver192.168.1.253を参照しにいってしまう。そのせいで、内部のローカルネットワークからメールサーバー等を正引きしても、グローバルアドレスが帰ってきてしまう。いかんなぁ・・・

[root@server ~]nslookup
>www.freebear.org
Server: 127.0.0.1
Address: 127.0.0.1#53
Name: www.freebear.org
Address: 192.168.1.1
>exit

とならないんだよねぇ・・・で、調べてみると、RedHatのサイトに『第27章 /ETC/RESOLV.CONF ファイルの手動設定』とあって、まさにこの通り。要は、『 NetworkManager は、アクティブな NetworkManager の接続プロファイルから DNS 設定を使用して、/etc/resolv.conf ファイルを動的に更新します。 』なので、手動設定しても、毎回動的に/etc/resolv.confが作成されてしまい、手動設定が反映されないと言うことらしい。幸い、同じページに手動設定方法が記載されている。手順は下記の通り。

以下の内容で /etc/NetworkManager/conf.d/90-dns-none.confファイルを作成。

[main]
dns=none

次に NetworkManager サービスを再読み込み。

[root@server ~] systemctl reload NetworkManager

で、この後に、手動で/etc/resolv.confを設定すると、この後は動的に/etc/resolv.confは生成されなくなるね。これで、内部からは、きちんとサーバーのローカルアドレスが帰ってくるようになった。

main pc renewal (2)

さて、そんなに予算がある訳ではないので、まずはCPUから決めていきました。当時すでにAMD Ryzenの第四世代が年末に発売されるとは分かっていたのですが、Sony のPlaystation5 じゃないですけど、おそらく先物取引状態になるのは分かっていたので、第四世代が使えるマザーボードに第三世代のCPUと言う、安直な組み合わせ。そうなると、どうせ置き換えるけど、そこそこのパフォーマンス...

記事を読む

main pc renewal (1)

2~3年位前になりますが、メインPCをIntel (所謂Sandy Bridgeおじさん)からAMD Ryzenおじさんになりました。このときは、 gigabyte がまだマイブームだったので、第二世代Ryzenが使える、 gigabyte のマザーボード程度で、選択したのはgigabyte x470 AORUS Gaming 5 Wi-Fiです。まぁこれが、クセがひどいんじゃー・・...

記事を読む

home server renewal (5)

さて、ハードウェアパーツが準備出来たところで、早速組み立て。そして、CentOSのインストールと進みます。 CentOSのインストールは、長い間お世話になりっぱなしの、『 CentOSで自宅サーバー構築 』を参考に進めて行きます。 先日書いたように、asus のRog Strix B550-I gaming のネットワークカードに不安があるので、CentOS のサイトからDV...

記事を読む

home server renewal (4)

マザーボードが決まったので、次はCPU。結果はそこそこ良好だったのだが、購入時の情報が少なかったので、選択に迷いました。 結果だけ言うと、選んだのはRyzen 5 3400G。ただ、これを選択するにあたり、B550 Chipsetが、 Ryzen 5 3400G をサポートしていない!と、AMD のサイトに記載されており、Ryzen 5 3600と、PCIeのグラフィックカードを購...

記事を読む

home server renewal (3)

ケースが決まれば、次はマザーボードですな。 しかし、Mini-ITXとなると、マザーボードの選択肢もかなり限定されますね。個人的に、数年おきにgigabyteとasusが交互にブームになる傾向があり、今はメインPCが asus と言うこともあり、クセの掴みさから、今回は asus のMini-ITXで、サーバー用CPUとしては、 Intel よりはAMDだろうと言うことで、将来性...

記事を読む

home server renewal (2)

Mini-ITXでサーバーを作成するとなると、最初のポイントは静音性重視となるとPCケースw? そこで、まずはケースから選択しました。とりあえず秋葉原のドスパラまで行って、ネットで調べると あまり評判良くはないですが、 一番サイズが小さくて安かったので、選択。選んだのは、Cooler Masterの MasterCase H100 MCM-H100-KANN-S00 (Mini-I...

記事を読む

home server renewal (1)

5年前に運用開始した、 Intel のCore i5ベースのベアボーンキットサーバーNUC5i5RYHが、起動から安定しなくなり、これを機会にサーバー自体を入れ替えて、おまけに適当に繋いでいるLANをWAN接続含めて見直すことを去年の暮れから始めてみた。CentOS でサーバー運用していたので、特に機能的に不満は無かったのだが、安定しないのはサーバー運用としては致命傷。今更使い道があるわ...

記事を読む