スポンサーリンク

[1]CentOS インストール -03

03) 仮想マシーンでのインストール(c) (Microsoft Windows 10 Hyper-V)

実はCentOS 7をインストールしたばっかりの時には仮想マシーンのローカルIPアドレスにはアクセス出来るのですが、物理的なネットワークに接続出来ないことが判明。そこでネットを調べると、やはり同じ問題の解決策が記載されていました。

インストール時に仮想スイッチマネージャーで作成される「Default Switch」では、仮想マシーンの外部の物理ネットワークには接続出来ないようで、別途「新しいスイッチ」を「外部」で作成する必要があるようです。
早速参照した上記サイトを参考に作成していきます。
まずは「Hyper-V マネージャー」を起動して、上図の一番左列のHyper-V マネージャー下にある,仮想マシーン(例ではRYZEN3700X)をマウスでクリックします。すると上記の画面が表示されるので、右の操作タブにある、「仮想スイッチマネージャー」をマウスでクリックします。画面が下図に切り替わります。

上の図は、すでに仮想スイッチの「Hyper-V CentOS Network」が追加されていますが、初めての時には「Default Switch」しか登録されていないので、右の「仮想スイッチの作成」の「外部」をマウスで選択して、「右下の仮想スイッチの作成」をクリックします。画面が下図に切り替わります。

「仮想スイッチのプロパティ」の「名前」に任意のスイッチの名前を入力し、「接続の種類」で「外部ネットワーク」を選択の上、Hyper-Vを構築したPCの物理的なネットワークカードを選択し、「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプターの共有を許可する(M)」をアクティブにして、下の「OK(O)」をマウスでクリックします。
なお、仮想マシーンを起動したまま、 「OK(O)」をマウスでクリックすると、「保留中の変更によりネットワーク接続が中段される可能性があります」とのダイアログボックスが表示されますが、特に気にせずに「OK」をクリックして進めてください。
下図のようにHyper-Vマネージャの画面に戻るので、構築した仮想マシーン側の設定をします。

上の例では、「CentOS on Hyper-V」の下にある「設定」をマウスでクリックします。下図に切り替わります。

ここで、仮想マシーンが利用するネットワークを「ネットワークアダプター」の「仮想スイッチ(S)」で選択します。今回は先ほどの仮想スイッチの作成で、上図の例のように「Hyper-V CentOS Network」を作成したので、それをマウスで選択して下の「OK(O)」をマウスでクリックします。

ちなみにHyper-V を実行している側PCのネットワークのプロパティは下図のようになります。ここでHyper-V の「Default Switch」はHyper-V を実行している側PCで無効にしています。

先ほど設定した、vEthernet(Hyper-V CentOS Network)のIPv4設定はDHCPにしてあります。後は、CentOS側でネットワーク設定をすれば、完了となります。

[1]: CentOS インストール -02

02) 仮想マシーンでのインストール(b) (Microsoft Windows 10 Hyper-V) Hyper-Vで仮想マシーンを起動後、boot画面でCentOS 7 インストールを選択すると下記の画面に変わります。ここでは、インストールする言語設定なので、画面の国をスクロールして、日本語を選択。 日本語を選択して、続行をクリック。 ここでインストー...

記事を読む

[1]: CentOS インストール -01

01) 仮想マシーンでのインストール(a) (Microsoft Windows 10 Hyper-V) Hyper-V 起動時画面 それではCentOSをインストールしていきます。実際のサーバーはすでに運用しているため、今回は仮想マシーンにインストールします。仮想マシーンの代表はVMwareだと思うのですが、今回は初めての体験も含めて、Microsoft Windows 10 ...

記事を読む

home network (1)

うちはネットワーク繋がっている機器がとても多く、正直、VLANを組んでも良いような状況ですが、とりあえず、ネットワークの見直しをしてみます。左記が概略図となります。かなり省略していますが、基本的にはWi-Fi機器含めて、50台程度が接続されています。 今回は、これまでの記事のServer置き換えと、main pc renrealを踏まえて、機器の更新をします。まず・・・比較的?と言...

記事を読む

main pc renewal (15)

さてと、一応出来上がったので、動画で公開!!www.... ちょっと、散々お金かけておいて、モニターがしょぼいですが、ゲーミングモニターの使用頻度と、仕事及びグラフィック系の作業との力量を比較すると、圧倒的に大型4Kモニターで、色温度もそんなに考えないとなると、レグザの4Kの安いモニターになるんですわ。 別に困ってないしね。 しかも、公開している動画も、Premie...

記事を読む

main pc renewal (14)

さて、最終的に簡易水冷を目指します。ここで書いたように本来はケース性能から言うと、完全な水冷可能な選択をしましたが、いきなりはどうなの?と思って簡易水冷なんですけどね。それもあって、水冷キットを販売している会社のケースにしました。そう言いつつも、実はThermaltake の簡易水冷はそんなに種類も無くて、ましてAMD Ryzen のAM4となると当時は、『Floe Riing RG...

記事を読む

main pc renewal (13)

その他(1)ですが、旧メインPCから持ってくるのは、Flight Sim系用のTrustmasterのT.Flight Hotas 4 Flight Stick。これは主に、未だにやっているSteam のAce Combat 7 と、ある意味本来の目的のMicrosoft Flight Simulator。さすがに、計器などのフルオプションのLogicool製品は、10万を軽く超えるので...

記事を読む

main pc renewal (12)

Pioneer DJ DDJ-WEGO4-K 遠い・・いや遙か昔にDJをしていたこともあり、一応一通りDJ機材がそろっているんですが、今はおうちDJで、しかも機材は全てリビングにある。しかしながら、今回のメインPCでもPC DJは可能で有ることから、DJコントローラーを旧メインPCからそのまま流用。使っている機材はPioneer DJのDDJ-WEGO4-K。これが、結構安くて良くて。基...

記事を読む

main pc renewal (11)

次に、今まではWacomの市場安価な板タブでペン入力していたのですが、ここは思い切って液晶ペンタブレットを導入しよう!!使いこなせるかどうかはわかりませんが・・・・ 昨今は液晶ペンタブレットも中華系メーカーが格安で多数の商品を販売しており、評判もそれほど悪いものでもない。しかし、Apple Macintosh Quadra 840AV(1993年発売)からWacom のタブレット(...

記事を読む

main pc renewal (10)

Razer Tartarus Pro さてキーボードとマウスが確定したので、次はFPS用とAdobeアプリ用のショートカットキーボードを導入。 元々FPSゲームなどをやるときに利用していたBelkinのn52teと言う左手用キーボードが、とても便利だったのだが、そもそも発売が2008年と言うこともあり、Windows10用のドライバが無い。実はWindows7用の32bitドライ...

記事を読む